関山研究室について

関山研究室は、一言で言うと
先端的固体光電子分光法の開発と強相関固体電子構造の研究
を精力的に進めている研究室です。より具体的には
我々が開発・先導してきた「
軟X線角度分解光電子分光による固体(主に強相関物質)の内部三次元電子構造の解明」
偏光制御硬X線光電子分光による軌道分解した固体電子状態の研究」
実験室極低エネルギー光源高分解能光電子分光による微細電子構造の研究」
を主に行っています。このうち前者2つは高輝度シンクロトロン放射光施設SPring-8で実験を行っています。また、
軟X線吸収磁気円二色性(XAS-MCD)による磁性体の電子/磁気状態の研究」
XAS-MCD光電子顕微分光(PEEM)を組み合わせたPEEM-MCDによる磁性薄膜のナノスケールでの電子/磁気状態の研究」
共鳴非弾性軟X線散乱(軟X線RIXS)とその二色性による強相関電子構造の研究」
も共同研究で進めています。これらの実験もSPring-8で行っています。
これらの研究成果の簡単な解説はこちらにあります。また、大学生向けの解説もこちらに用意しています。


大阪大学及びその他の大学の学部4回生の皆さんへ

関山研究室では大学院生を募集しています。
詳細はこちらから