プレスリリース

関山研究室での研究成果を一般向けに解説したページです。
・2015.7
「固体中の異方的電荷分布を決定し可視化する世界初の研究手法を開発」
 PDF版阪大広報ページ本論文
・2010.4
「固体内部伝導電子の原子軌道を解明する新たな実験手法を開発」
 PDF版本論文

日本語解説

1. 関山明:「高エネルギー分光線二色性でわかる原子軌道 =シンクロトロン放射光の偏光特性を用いた軌道分解的電子構造観測=」 光アライアンス vol. 25, no. 11, p. 24-30 (2014).
2. 藤原秀紀、関山明:「V2O3の金属絶縁体転移と電子構造」 固体物理 47, 279-286 (2012).
3. 関山明:「硬X線偏光制御光電子分光による軌道分解的価電子帯電子構造の観測」 大阪大学低温センターだより no. 154, p. 2-6 (2011).
4. 関山明:「放射光が拓く光電子分光による固体電子物性研究」 学術の動向 vol. 15, no. 8, p. 8_47-8_51 (2010).
5. 関山明、矢野正雄、菅滋正:「バルク敏感角度分解光電子分光による固体3次元電子構造とフェルミ面の観測」 Journal of the Vacuum Society of Japan (真空) vol. 51, p. 357-363 (2008).
6. 関山明、矢野正雄、今田真、菅滋正、室隆桂之:「軟X線角度分解光電子分光による物質の3次元電子構造の解明」 SPring-8利用者情報 vol. 12, p. 180-188 (2007).

英語解説

1. A. Sekiyama, A. Higashiya and S. Imada,
"Prominent 5d-Orbital Contribution to the Conduction Electrons in Gold Probed by Polarization-Dependent Hard X-Ray Photoemission"
SPring-8 Research Frontiers 2012, p.68-69 (2013).

2. A. Sekiyama, M. Yano and S. Suga,
"Probing bulk three-dimensional Fermi surfaces of a strongly correlated material by soft x-ray angle-resolved photoemission"
SPring-8 Research Frontiers 2007, p. 92-93 (2008).

3. A. Sekiyama and S. Suga,
"Probing three-dimensional electronic structures and Fermi surfaces of a crystalline solid by high-energy angle-resolved photoemission"
Annual Report of Osaka University -Academic Achievement- vol. 8, p. 15-17 (2007).